言語学習について

日本語の間違えやすい読み方~ニホンゴってムズカシイ…

日本語って本当に難しいですよね!!

時代と共に、新しい言葉が増えたり、変化しているので、辞書に追記されたりしている言葉も含まれていますが、日本人として、できる限り正しい日本語を使いたいですよね?

きらら
きらら
私は、日本語教師をしていますが、今まであまり深く考えずに日本語を使っていたこと、まだまだ知らない日本語がたくさんあることがわかりました…。もっと国語を真剣に勉強しておけばよかった…と、実は、かなり後悔しています。

知れば知るほど奥が深くて難しい、日本語。

まだ時々「あれ?これって正しい?」と悩む時がある私ですが、
(外国人の方の質問が、考えたこともないことだったときは焦ります…)
もし、間違いがあれば指摘して頂ければ嬉しいです。

今回は、間違えやすい読み方を選んでみましたので、確認してくださいね!!

(「間違いやすい」も正しいです。最初、どちらが正しいの?と混乱しました…。みなさんの意見を聞くと文法的に「間違えやすい」の方がよいのでは?という方が少し多かったので、今回「間違えやすい」と書きました。)

間違えやすい読み方

◆依存心
 〇いそんしん  ×いぞんしん

※パソコンの文字変換で、”いぞんしん”で出てくるので、間違えやすいですが、正しくは「いそん」です。ですが、多くの方が「いぞんしん」だと思っていますよね?だから、「いそんしんが強い」と言って、自分が間違えているように思われてしまうのが嫌で、「いぞんしんが強い」と言ってしまう人も多いのではないでしょうか?このような日本語が増えていて、正しくない読み方が正しい読み方に変化するのでしょうね。

◆出生率
 〇しゅっしょうりつ  ×しゅっせいりつ

※パソコンの文字変換では、”しゅっせいりつ”でも出てきますが、正しくは「しゅっしょうりつ」です。「出生」は、三省堂 大辞林に、「しゅっせい」は「しゅっしょう(出生)」に同じ。と記載されていますから、”しゅっせい”でも”しゅっしょう”でも間違いではありません。

◆代替機/代替品
 〇だいたいき / だいたいひん  ×だいがえき / だいがえひん

※パソコンの文字変換では、”だいがえ”でも出てきますが、正しくは「だいたい」です。三省堂 大辞林では、”だいがえ”は「だいたい(代替)」の重箱読み。と記載されていますので、辞書的には了承されている読み方ですが、この機会に正しい読み方を覚えておきましょう!口頭ですと、”たいだい”=”大体” との区別がしにくいことや、”替”という漢字が、「替(か)わる」という意味を表すことが多く、「両替(りょうがえ)」「振替(ふりかえ)」という言葉と同じように読むことが多くなり、”だいがえ”と読む人が増えているのだと思います。

香港の生徒さんと日本語の文章を読んでいた時、どう読むのかな?と思っていたら「だいたい」と読んでいました!きちんと勉強されているのだな~と感心した私でした。(余談)

◆早急
〇さっきゅう  ×そうきゅう

※パソコンの文字変換では、”そうきゅう”でも出てきますし、会社でもみなさんよく”そうきゅうに処理して”など、”そうきゅう”を使う方も多いですが、正しくは「さっきゅう」です。でも、みんなが”そうきゅう”って使っていると、自分もわかっていても”そうきゅう”って使いたくなりますよね・・・

◆発足
 〇ほっそく  ×はっそく

※これはそんなに間違えない読み方かも。ニュースでも時々聞きますね。この場合の「発」は「はつ」と読むので、気をつけましょう。

◆重複
〇ちょうふく  ×じゅうふく

※私、ずっと「じゅうふく」だと思っていました。恥ずかしい!

◆凡例
〇はんれい  ×ぼんれい

※「凡」この漢字を見たら、「ぼん」と読んでしまいますよね。

◆あり得る
〇ありうる  ×ありえる

※「ありえなーい!」とか言いますし、「得る」を「うる」と読むとは思わないですね。

◆他人事
〇ひとごと  ×たにんごと

※「他」はどこいった?「他人」とあるので、「たにんごと」ですよねー。何でこれで他人事?「人事」だと、「じんじ」と読むからですかね?

◆一段落
〇いちだんらく  ×ひとだんらく

※「ひと段落ついたら…」ってよく聞きますが、「いちだんらく」と読むのですね。「ひとだんらく」の方が言いやすい気がするので、「ひとだんらく」が浸透しているのかな?

◆逆鱗
〇げきりん  ×ぎゃくりん

※誰もが、誰かの「げきりん」に触れたことがあると思うので^^;「ぎゃくりん」と読む人は少ないかもしれないですね。

◆原因
〇げんいん  ×げいいん

※これは日本語の難しい所かな?外国人に教える時、書くと「げんいん」だけど、言葉を発音すると「げいいん」になるんですよね。

◆刺客
〇しかく  ×しきゃく

※「客」って漢字なのに、「かく」って…。でもこの言葉は、普段使いませんよね。時代劇を見ると聞かれる言葉かなというイメージです。

◆舌鼓
〇したつづみ  ×したづつみ

※上記、他の読み方と同じく、近年では「したづつみ」でも間違いではないという認識です。「したつづみ」より、「したづつみ」の方が言いやすいですよね。

◆続柄
〇つづきがら  ×ぞくがら

※色々な書類で出てきますので、よく目にしていると思いますが、みなさんは「ぞくがら」と読んでいませんか?最近は辞書にも「ぞくがら」と書いてありますが、正しくは「つづきがら」です!

 

いやー、日本語は本当に難しいですよね!!漢字を勉強している外国人の方々のほうが、正しい読み方をしていたりするという…… 😥

私も、正しい日本語を教えるために、この歳(どの歳!?)になっても、まだまだ日本語勉強中です。まだまだあるので、追加していこうと思います。

 

 

ABOUT ME
きらら
きらら
元テレビ局関連会社の事務員。芸能ニュース・事務仕事・退職&失業のこと・確定申告・離婚のことなどをまとめています。外国好きのアラフォーおばさん。
error: Content is protected !!