確定申告について

【確定申告】ドル建て収入の売上計上方法~フリーランス・オンライン講師

確定申告って本当にめんどうですよね(笑)

フリーランス・副業・オンライン日本語教師の方で、「ドル建ての収入」という方も多いと思います。

雑所得で金額が低い場合は、振込額で処理して大丈夫だと思いますが、
事業所得の方とか、レッスン数が多い方は、(額が多い方)は
きちんとしておいた方がいいかな?と思います。

では、ドル建ての場合の処理の方法を、少し説明したいと思います。

申告について心配な方は、税務署に確認してくださいね。

円建ての場合

特に何の問題もなく、レッスン料金がそのまま「売上」「収入」(所得)となります。
(例)カフェトークなど

以前勤めていた中国の日本語スクールでは、円建てで振り込まれていました。
そのような場合も、そのまま「売上」「収入」(所得)となりますね。

ドル建ての場合

ややこしいのは、ドル建ての場合ですが、
正直、数十万円の所得で雑所得の場合、税務署もそこまで厳しくないと思うので…
ややこしくせずに振込額=売上(収入:所得)でいいと思います。

(私は事業所得のため、税理士さんに聞いたやり方で申告しています。
雑所得での申告はしていないのですが、今後のために少し説明しておきますね。)

  1. 発生した時点での金額(「ドル」→「円」換算)
  2. 振込があった時点での「円」の金額

例えば、
私の明細書を見てもらうと、この月(※)は
(※明細があれば、月ごとでまとめてOKなので私はそうしてます。1レッスンごとは無理…)
レッスン料「$238.34」/手数料「$27.9」

(↑番号振っていますが、関係ないので気にしないで^^;)

そして、TTSレートを見ると、
なんとこの時は1ドル=114.07円!!(この頃はよかった…)


「$238.34×114.07円=27,187円になりますね。

 

そして、数か月後に支払申請をして、
12月20日(1ドル113.98円)に、「23,986円」入金があったとします。

手数料を含めて「3,201円の差額=経費」になります。

 

もしくは、

最初から手数料を引いてしまって、
レッスン料「$238.34」-手数料「$27.9」=$210.44(24,005円)

入金額が「23,986円」として、差額「マイナス19円=経費」でもいいですが
最初のやり方の方が会計処理的には正しいかな。

入金額の方が多かったら、売り上げを増やしてくださいね!
  • マイナスになった場合は、【経費】になります。
  • プラスになった場合は、【所得(売上・収入)】になります。

※他の月と混合されて入金されることもあると思いますが、今回は割愛します。考え方は同じです。

ドル建てで、確定申告の時もまだ未入金の場合、明細で計算をして、
売上を計上しておけば大丈夫ですが、
できる限り「入金額」と「売上額」が合うようにした方がよいですよね。

 

ABOUT ME
オンライン日本語教師 はる
オンライン日本語教師 はる
好きな時間、好きな場所で外国人に喜ばれる素敵な仕事、日本語教師をしながら毎日楽しく生きています。⇦前職:テレビ局関連会社の元事務員

【オンラインのみ】週5日で最高月25万円達成

まだまだ修行中。言語は奥が深いです。英語・スペイン語勉強中☺

\ 日本語教師で稼ぐための方法 無料メルマガはこちら /

無料メルマガ登録はここをクリック

関連記事
error: Content is protected !!