節税・投資について

iDeCo(イデコ)ってなに?初心者の私にもできた!わかりやすく説明します!

最近よくiDeCoって聞くんですが、どんなものなんですか?年金が増える?税金が安くなる?色々聞きますが、よくわかりません!
HAL
HAL
私も会社員の時にiDeCoに加入しました。制度について、加入方法についてなど、教えますね。※ただし、どの投資信託を買えばいいという相談には乗れません!

私もですが、定年退職後の生活やお金について、多くの方が心配していると思います。
国民年金や厚生年金などの年金だけで、老後の生活を送るには無理!ですので、足りない分は自分で資金を用意しなければいけません。これがまた難しいのですが…。

iDeCoはそんな時に役に立つ制度と言われています。
でも、今、給料が安くて、一生懸命節約しても貯金するお金もない、生活が大変すぎる方にはオススメできない制度になっていますので、ご注意ください。

iDeCoとは?

iDeCoとは自分で老後資金を作る年金です。

投資信託などを、毎月定額購入、運用していき、最終的に積み立てたお金を、60歳以降に年金や一時金として受け取ることができます。

つまり、投資信託を購入し、10年以上運用、60歳以降に、年金か一時金として受け取ることができるという制度です。しかも、掛け金が全額「所得控除」されたり、運用中に得た利益に、税金がかからないというメリットもあります。

普通に貯金しているよりもお得ですし、途中で下ろすことができないため、お金があったら使ってしまう!という方にはいいと思いますが、もちろん、デメリットもあります!下記に、メリットとデメリットをまとめたので、自分に合っているかチェックしてくださいね。

 加入条件・加入資格

加入できる方

  • 日本在住の20歳以上60歳未満の方(外国籍の方も含む)
  • 年金に加入している方

基本的には、この2つの条件をクリアしていれば、会社員、アルバイト、パート、主婦であっても、加入条件を満たせば、誰でもiDeCoに加入できますよ!

実は、外国人(外国籍)の方でも、日本で働いていて、20歳以上60歳未満で、年金を納めていれば、iDeCoに加入することができるんです。

加入できない方

  • 20歳以下、または60歳以上の方
  • 海外に住んでいる方
  • 年金を払っていない方(未納・免除・猶予)

※会社員でも、お勤めの会社の企業年金の規約で「企業型年金とiDeCo両方の加入を認めていない」場合は、iDeCoに加入できません。

ほとんどの場合で、iDeCoに加入することができるとおわかりでしょうか?

次は、掛け金の上限について説明しますね。こちらは、職業によって異なるので、ご自身はどれに入るか確認してください。

掛け金の上限

加入者全員、最低月5000円から、1,000円単位で上限まで上乗せすることができます!

職  業 掛け金上限
公務員 月額 12,000円
(年額 14万4,000円)
会社員
(確定給付企業年金のみ加入。確定給付企業年金と企業型確定拠出年金の両方加入)
月額 12,000円
(年額 14万4,000円)
会社員
(企業型確定拠出年金のみ加入)
月額 20,000円
(年額 24万円)
会社員
(企業年金なし)
月額 23,000円
(年額 27万6,000円)
専業主婦・専業主夫 月額 23,000円
(年額 27万6,000円)
自営業・無職・フリーターなど 月額 68,000円
(年額 81万6,000円)

普通の中小企業で働いている方は、月額5,000円~23,000円の間なら、1,000円単位で好きな額を決めることができます。

但し、今月は5,000円、翌月は10,000円…ということはできません。変更は年に1回だけになるので、慎重に決めましょうね!

私は、企業年金なしの会社で勤めていたので、月額23,000円にしていましたが、加入後、7か月で退職することになってしまいました。

その後、国民年金を免除していた期間があったので、iDeCoをストップしました。
その時、定期預金に変更しておけばよかったのですが、それまでに数千円プラスになっていたので、調子に乗ってそのままにしていたら・・・

国内外で色々ありまして、株価が下がりましたよね?その頃からガクーンと落ちてしまって、マイナスに。実は、投資についてはそんなに詳しくないため、どうすることもできず・・・

現在、マイナス9,000円ちょっとです・・・><

この間に購入した分の株価が上がればプラスになっていくと思うのですが、世の中なんか色々危険そうですからねぇ。投資についてもっと勉強しなければいけませんね。

iDeCoのメリット

iDeCoのメリットは、何といっても「税金が安くなる」ことです!
年末調整や確定申告をすれば、掛け金全額分の所得が控除されるので、所得税・住民税が安くなり、納めた税金が戻ってきます!!

  1. 掛け金全額「所得控除」されるので、税金(所得税・住民税)が戻ってくる
  2. 運用中に出た利益に税金がかからない
  3. 受取時も税金の優遇がある

iDeCoのデメリット

iDeCoのデメリットは、元本保証の商品以外に投資した場合、マイナスになることがあるということと、60歳まで引き出すことができないということですね。

  1. 掛け金がマイナスになることがある
  2. 60歳まで引き出すことができない
  3. 投資なので、多少の知識が必要

投資は難しいので、60歳まで引き出すことができない貯金と思って預ける方は、元本保証(定期預金)の商品をオススメします!その代わり、まったく増えません。でもお金が減ることはないのでいいと思います。私も元本保証の商品にすればよかったな~と今、ちょっと後悔しています。

もう一つのデメリットは、60歳になるまでどうやっても引き出すことができない!という点ですね。途中でお金が必要になったとしても、iDeCoに預けているお金は引き出すことができないんですね。

私はiDeCoに加入して7か月で会社を辞めることになって、しばらく無職だったため、その間、支払いをストップしました。そして、その間に株価が暴落。あっという間にマイナスに突入してしまい、現在、どうすればいいのかわからない状態です… 😥 (誰か教えて)

節約になるし、会社勤めしてるし、将来不安だから貯金しておこうと思って加入しましたが、退職することになって、iDeCoに加入しなくてもよかったかもという状況になる場合もありますので、節税になりますが、加入するときはよ~く考えてくださいね!

 

ABOUT ME
HAL
HAL
事務職17年間、並行して個人事業10年、日本語教師、カウンセラーとしての経験から、色々な手続き方法、役に立つ情報、節約・節税方法などをまとめています。
error: Content is protected !!