国内ニュース

立花孝志の当選確率は?埼玉補欠選挙当選って本当?ヤバイ出馬理由を簡単に解説!

実はワタクシ、以前NHK関連会社で働いていたので、N国・立花孝志氏に興味があります。

『NHKをぶっ潰す!』とすごい公約を掲げて政界に乗り込んできた立花孝志氏。いろいろなことをして、みんなの目を引き、名前を売って、顔を売って、注目されて、今や知名度、注目度抜群!!すごい戦略家ですよね。

あのホリエモンからも、注目され、応援されているN国・立花孝志氏

先日は脅迫で事情聴取もされていましたが、これも立花孝志氏の「炎上商法」の一つ。その次は、『議員を辞職して、埼玉補欠選挙に立候補する!』ですから、かなりぶっ飛んでいると感じる方も多いのでは?

今回は、立花孝志氏の当選確率や出馬の本当の理由について、私のように選挙に興味のない人でもわかるように、簡単にわかりやすく説明したいと思います!

立花孝志氏、埼玉県補欠選挙当選の可能性

2019年10月27日の埼玉選挙区補欠選挙は、

  • 無所属 新人 上田清司(71)
    ※2019年8月まで4期16年間、埼玉県知事
  • 『NHKから国民を守る党』政党代表 立花孝志(52)

の2人だけです。

<この時点で、もちろん当選確率は50%

になりますよね。

 

前々回の埼玉県知事選の投票数を見てみると・・・

令和元年度の知事選
  • 上田清司氏:891,822票
  • 上田清司氏以外4名の合計:633,107票

と、上田清司氏が圧倒的な勝利をおさめています。この上田清司氏以外の票が、すべて立花孝志氏に流れたとしても、絶対に勝つことができませんよね。

今回、上田氏は無所属で出馬し、立憲民主党、国民民主党も支援し、自民党の二階俊博幹事長と近い関係であり、自民党は自主投票にしたことから上田清司氏に多くの票が入るのではないかと予想されています。

ただ、それは政治家の中だけの話であって、実際のところ、普段選挙に行っていない若い世代は、党の派閥など関係ない人も多く、ただ『立花孝志氏がいい!』『立花孝志氏頑張れ!』という気持ちで投票する(したい)人も多いですね。

また、『上田清司氏の既得権益が許せない!』『大野知事との密約が許せない!』と、上田清司氏を落選させるために、あえて立花孝志氏に投票する人もいるでしょう。

そのため、投票率が上がる、つまり、立花孝志氏の支持者が選挙に足を運んだり、アンチ上田清司氏の方が選挙に行って、立花孝志氏に投票すると・・・

『立花孝志氏、ひょっとしたら当選しちゃうかも…』と、ネット上では立花孝志氏の当選に期待している人が多いですね。

 

令和元年度の知事選
  • 大野元裕氏:923,482票(1位当選)
  • 青野けんた氏:866,021票(2位)
  • N国・浜田聡氏:64,182票(3位)
  • 上記以外2名合計:75,399票

大野元裕氏以外の票の合計が1,005,602票。この票全部、立花孝志氏に流れることはないですが、

  • 補欠選挙は投票率が低い
  • 上田清司氏と大野元裕氏の密約で県民が不信感を持っている
  • 今まで選挙に行っていない人が、立花孝志氏に投票する確率が高い

つまり、

  • 補欠選挙なので、投票率が低く、いつも上田清司氏や大野元裕氏に投票していた人たちが投票しない可能性もある。
    ⇒上田清司氏の票が減る。
  • 今まで選挙に行っていない人たちが、選挙に行こうとしている。
    選挙に行こうとしている人の多数は、立花孝志氏を支持している。または、アンチ上田清司氏である。
    ⇒立花孝志氏の票が増える。

となると、立花孝志氏の票が上田清司氏を上回る可能性も出てきます!

 

結論

<立花孝志氏が当選する可能性は大いにある!>

と言えるのではないでしょうか?

 

立花孝志氏が立候補した理由は?

立候補の理由
  1. 既得権益をぶっ潰す!
  2. とにかく議席を増やす
  3. お金をもっと儲ける

まず1つ目の『既得権益をぶっ潰す!』については、立花孝志氏は、

「上田氏は3期しか知事をしないといって4期目に入って、知事が終わったら今度は国会議員だ。その前にも国会議員をしている。よくわからない。まさに既得権だ。NHKという組織も既得権の真ん中にいる。NHKの(受信料を払った人だけが視聴できる)スクランブル放送を実現するには、周りの既得権を壊していかなければいけないという判断に至った。自ら既得権からいったん抜けることで、その意気込みを埼玉県民に示すことで勝機が出てくるのではないか」

と、発言しています。

立花孝志氏は、この上田清司氏の既得権益を指摘し、自分が参院議員という既得権益から抜けて、心意気を見せ『自分は、反既得権益だ!』とアピールし、票を獲得しようとする作戦を取ったんですね。さすが戦略家です!

「既得権益」…ある社会的集団が歴史的経緯により維持している権益(権利とそれに付随する利益)のこと。

代表的な既得権益

・官僚制 ・水利権 ・天下り ・記者クラブ ・原子力発電
・NHK受信料 ・野球界全般   (Wikipediaより)

 

2つ目の『とにかく議席を増やす』ですが、これも立花孝志氏に考えがあったようです。この前の選挙で、N国は議席を1つ、勝ち取ったのはご存じだと思います。

実は、立花孝志氏が辞職しても、全国比例の浜田聡氏が繰り上がり当選するため、「比例のN国の議席が減らない」ので、立花孝志氏が自ら立候補することができました。そして、今回立花孝志氏が当選したとすると、もう1議席増えることになるので、議席が増えることになります。

立花孝志氏よりも知名度があって票数がある人って、なかなかいないので、結果、自分が立候補するのが一番いい作戦だと考えたようですね。(何名かに声はかけたようですが、結果、自ら立候補に至ったようです)

上田清司氏の獲得票数

平成19年 1,093,480票
平成23年 1,191,071 票
平成27年 891822票

この数字は、上田清司氏の近年3回の獲得票数なのですが、上田清司氏自身が「知事は3期まで」と決めたにもかかわらず、4期目に出馬したんですね。

  • 当選したが、その選挙では、今までよりもかなり票が減っていたこと。
  • 令和元年の知事選で、上田清司氏後継者の大野元裕氏が、2位の青野けんた氏とそこまでの差がなかったこと。

この2つのことから、立花孝志氏は、埼玉県内の上田清司氏支持者が減っていると考え、N国が出馬しても勝てると踏んで立候補に至ったとされています。ハチャメチャなことをしていますが、本当に色々と研究されているんですね。

そして最後、3つ目は、かなり前に「政治家になるのは、お金が儲かるから」と言っていた立花孝志氏。お金が大好き!かなりお金儲けのやり方を勉強されていて、それを実践しています。(元々、頭も良いですし、センスがあるのでしょうね!)

まず、NHKに不満を持っている人が多いことに目をつけ、YouTubeで今まで選挙に行っていなかった若年層、ネット世代、ネット住民から注目、そして支持されるために、過激な言動をしました。

その結果、多くの人を集め、お金を集め、政治家にもなり、そしてYouTubeでさらに収入を増やし、今度は埼玉県補欠選挙で、上田清司氏に不満を持っている人たちを集める…。なかなかできることじゃありませんよね。

ネット上で、どのくらい注目されているかというと・・・

 

<2019年8月のYouTube広告収入1247万円!!>

 

すごいですよね。1ヶ月だけですよ。(現在、恐喝行為をしたため、広告停止されているようです)
立花孝志氏のYouTubeを見ている人は、立花孝志氏を支持しているのか、アンチなのかはわかりませんが、それだけの人が立花孝志氏の動画を見たとなると、注目度、知名度はかなりのものだとわかりますね。

ちなみに、ホリエモンは2年前、メルマガなども含めて月収1,000万円と明かしています。『YouTubeだけでの収入なら、立花孝志氏に負けてる』と聞くと、『立花孝志氏ってすごい!』と思っちゃいますよね。

 

立候補の本当の理由

<既得権益(上田清司氏)をぶっ潰して、
N国の議席を増やす!!>

<もっとお金を稼ぎたい!>
↑たぶんこっちが本音

 

ホリエモンも立花孝志氏を応援!?

今回の選挙の立花孝志氏のポスターです。掲示責任者としてホリエモン(堀江貴文)の名前がデカデカと載っていますね!さすがに応援していなければ、ポスターに名前を使うことをOKしないと思うので、

『ホリエモンは、立花孝志氏を支持している』

で、決まりですね。

再生回数が稼げることもあるのか、ホリエモンのYouTube動画では、立花孝志氏と対談をしたり、立花孝志氏についての説明をしたり、『彼は頭がいい』と誉めていて、ホリエモンが立花孝志氏を気に入っていることは明白です。

その立花孝志氏も、

「堀江氏に関してうちの党の何かをしてもらうということは具体的な話はしていない。ただ堀江氏がうちの党にお越しいただくのであれば、代表職をやってもらう。党首という形で、私は一歩ひいて、堀江氏に任せたい、あるいは堀江氏の下で動きたい。国民のため、国のために堀江氏の能力は使うべきだと私は思っている」

と発言しています。

「ホリエモンの下で働きたい」や「普段ゴルフをしないけれど、ホリエモンとできるならやる」と言ったり、ホリエモンを持ち上げつつ利用して、ホリエモンファンにも自分へ投票してもらおうと考えているのかもしれませんホリエモンを使ったプロモーションも、作戦の1つなのでしょうね。

なんせ、マツコ・デラックスさんを使った知名度アップ作戦を考えたくらいですから、ホリエモンを使って、自分の名前を売ることくらい立花孝志氏には簡単なことでしょう。

それでも、立花孝志氏とホリエモンは、相思相愛のようですから、

『ホリエモンは、立花孝志氏を応援している』

ことは間違いないですね。

まとめ

『NHKをぶっ潰す!』という公約を掲げて、今まで政治に興味がない人や投票に行かなかった人を味方につけ、議席1をもぎ取ったN国・立花孝志氏。色々なスキャンダル、裁判、脅迫、事情聴取など、トラブルがあっても多くの人に支持をされています。

色々な戦法を使い、『50%を超える、50・1%で勝ちだ。トップ当選するという予想は立てている』と豪語する立花孝志氏。

果たして、埼玉県の顔とも言える強敵上田清司氏をぶっ潰して、当選することができるのか?10月27日の選挙が楽しみです。

【ヤバイ】え?なにコイツ?葛飾区議の立花孝志、政治家なのに…日本大丈夫?ツイッターで話題になっている区議員がいたので、シェアしたいと思います。 区議員って政治家ですよね? 当時、立花孝志という方も...
立花孝志がW不倫を自ら暴露。相手はNHKの副部長で、登坂淳一の元妻!?こんな政治家が当選する日本って大丈夫?以前も、この立花孝志について、記事にしましたが、 色々調べていると、色々出てくるわ、出てくるわ・・・ 「NHKから国民を守る党」...
立花孝志議員ってヤバイの?NHKから国民を守る党って?受信料払いたくないけど・・・【統一地方選挙2019】恥ずかしながら、政治について、あまり詳しくないですが、 一応、自分なりに調べて投票に行っています。 統一地方選があるということで、 ...
error: Content is protected !!